スタッフ紹介

山田龍介
館長

館長になってまだ3年目。まだまだ館長の仕事は、半人前。前職は補償コンサルタント業。博物館の館長は全くの畑違い。努力はしているが人さまからどう見られているのだろうかと気がかり。ただ少しは慣れてきた。楽しみはお客様との会話。一期一会のお客様とも楽しく話そうがモットー。特に若い女性にはよく話しかける。時々ロクロのお手伝いをするが、『あの人、館長さんだったんですか』とよく言われている。この際、館長らしくない館長を目指そうと思う。血液型O型のおおらかな性格で、なんとか職責を果たしている。



山口増広
陶芸指導員

志田焼の里博物館の発足当時から陶芸指導員をしていて、もう十数年のキャリアがある。体験の指導も懇切丁寧で子供さんから年配者まで、幅広い年齢層に人気がある。穏やかな性格で、山口指導員からロクロの指導を受けると瞬く間に皆さん上達している。陶芸全般に知識が豊富で特に陶土に関してはエキスパート的存在である。又、陶芸教室の約50人の生徒さんの指導も行っていて、皆さんから信頼が厚い。当館になくてはならない存在である。



田中則子
事務職&来館者対応、館内環境整備

事務から顧客管理、勤務状況管理、館内の環境整備までオールマイティ的存在。職歴も長く陶芸教室やスタッフ等みんなから慕われている。明るい性格で当館にはなくてはならない存在。細かいことによく気づき、来館中お客様が気持ちよく過ごせる環境づくりをいつも考えている。花を飾る、朝顔を植える、休憩室飲み物の補充等々仕事はもりだくさん。趣味は園芸・野菜作り。これが当館には非常に役立っている。



香月由美子
総合事務職、その他電話及び来館者の対応

前任者の退職により令和2年4月から事務を引き継ぐ。前職も事務だったので難なく対応できている。ただ、職種が全く違うため、そこのところの対応が今一つ慣れない部分がある。ただ、明るい性格と早く覚えようという意気込みで、今年度中は完ぺきを目指す。日はまだ浅いが、スタッフとも打ち解けた会話が出来ていて、たのもしい存在になりつつある。ガンバッテマス、博物館に来られた際は、お声がけください。



田中未希
陶芸指導員

イギリスの大学を卒業。カナダで陶芸の魅力に引き込まれ帰国。有田の佐賀県窯業技術センターで本格的にロクロ技術を学ぶ。現在、縁あって当博物館に陶芸指導員として入社。英語も堪能なためインバウンドにも対応できる貴重な人材。粗削りだが、名前のごとく未来に希望が持てる若きホープ。現在、志田焼の里博物館で奮闘中。