インフォメーション

2019 / 07 / 18  09:38

志田焼の原料 陶石のルーツを訪ねて

志田焼の原料であった天草陶石を訪ねて天草下島へスタッフ5名で行った。天草陶石は白亜紀に形成された地層に貫入した流紋岩が、中新世に熱水の作用を受け,変質して粘土となり固まったものらしい。現地では工場の社長さん自ら砕石場の案内をしていただき色々なことを教えていただいた。現在は坑道での砕石はされておらず、露天掘りで砕石しているということで、採石した原石は手作業により選別されており大変なご苦労で辛抱強さが要求される作業だと感心した。この見学で十分でないにしても天草陶石の知識を得ることができ、志田焼の里博物館に来ていたお客様により深い説明ができるものと思っている。