インフォメーション

2021 / 02 / 20  16:27

古賀さんご夫婦おめでとう

古賀さんご夫婦おめでとう

古賀さんご夫婦が奥さんの誕生日ということで、記念にロクロで焼き物を造りに佐賀市から来ていただきました。ご夫婦と書きましたが、結婚式はコロナの関係でまだだとか。コロナはこんなところまで影響を及ぼしているんですね。でもちゃんと籍は入れているということで立派なご夫婦です。ロクロ体験中もお二人共明るくてお似合いのカップルだと思いました。ロクロでは、お互い3個づつ焼成していただくことになり、すばらしい奥さんの誕生日記念になることでしょう。暗い話題ばかりの中、今日は、私まで幸せを分けていただきました。1日も早くコロナが収束して、すばらしい結婚式と披露宴が出来ますように。そして、末永くいつまでも、いつまでも仲の良いお二人でいてください。今日は、来館ありがとうございました。

2021 / 02 / 09  12:51

もうすぐ”ひな祭り” ランプシェードを無料で作ろう

もうすぐ”ひな祭り” ランプシェードを無料で作ろう

もうすぐ”ひな祭り”です。女の子の健やかな成長を祈るお祝いです。そこで、ひな祭りに該当する女の子をお持ちの方を優先に、ランプシェードを無料で作っていただく体験者を募集します。親戚に女の子がいてプレゼントしたいという方も歓迎です。何らかでかかわりのある方もOKです。残念ながら作品は今年のひな祭りには間に合いません。又、無料で体験していただく条件が一つあります。作った作品を1年間預からせていただきたいのです。預かった作品は、館内に展示し来館のお客さんに見ていただきます。1年経過後は照明器具を付けて宅配便の着払いで作った方にお返しします。この企画は今年で2回目です。受付開始は今日からですが、体験予約は3月1日以降になります。ふるって応募してください。来年のひな祭りに祭壇をはなやかに飾ることが出来るでしょう。                                                                                             ご予約は直接当館へお電話でお願いします。 0954-66-4640

2021 / 01 / 29  14:01

鍋島幼稚園へ出張・絵付体験

鍋島幼稚園へ出張・絵付体験

当館としても、初めての試みでした。幼稚園へ出向いて園児さん209名に絵付け体験をしてもらうのは。『コロナで出かけることが難しいので、園に来ていただいて絵付体験を園児にさせたい』という要望を受けスタッフで検討をしました。手落ちがないよう、又園児、先生、園児のご両親等に喜んでいただけるようにするにはどうしたら良いのか,少し検討事項もありました。生地を損傷させない運搬方法、スタッフの配置、交通事故、絵付け道具の準備、絵付部屋の準備等々。でもそんなことはよそに、園長先生始め先生方のてきぱきとした準備等のお手伝いもあり、思っていた以上にスムーズにいき,無事終えることが出来ました。ご協力ありがとうございました。何より絵付するときの園児たちの目がキラキラとして、満面の笑顔を見せてくれることは何物にも代えることのできないものでした。来てよかったとつくづく思いました。みんなが頑張って書いたお皿は、持ち帰り丁寧に焼成してなるべく早い時期に皆様にお届けします。世界でただ一つだけのすばらしいお皿になることでしょう。楽しみにお待ちください。

2021 / 01 / 19  15:42

出張陶芸体験

出張陶芸体験

1月と2月は学校や幼稚園に博物館から出張しての陶芸体験の予約が多く入っています。現時点で中学校が5校で428名。幼稚園は220名ということで出張体験予約をいただいています。たぶん、コロナの影響でバスでの移動が難しい状態なのでしょう。又、卒業に間に合うよう卒業記念にということも聞いています。いずれにしても体験して作った焼き物は、世界でただ一つの焼き物になるので卒業記念としては最適だろうと思います。当館としては、出張体験ももちろん歓迎ですが、来館して陶芸体験を楽しんでいただき日本遺産である博物館のすばらしさを体感していただきたいというのがスタッフが望むところです。1日も早くコロナが収束し以前の生活にもどりたいものです。写真の作品は出張体験で中学1年生が手びねりで鉛筆立てを作ったものです。どうですか、すばらしいでしょう。一人ひとりの個性があふれている作品で末永く自分のそばに置いて使っていただきたいものです。

2021 / 01 / 08  09:02

事務員さんが雪だるまをつくりました。

事務員さんが雪だるまを造りました。

雪だるまって私が小さい頃は雪も、もっと降っていてよく作ったような記憶があります。最近は温暖化であまり雪が降りません。だから最近では雪が珍しくなりました。真っ白い雪を一番喜んだのは家の2匹の犬ですが、それに増して喜んだのが当博物館の事務員さん二人でした。冷たく寒いので手と顔を真っ赤にして雪だるまを作りました。頑張って作ったのがこれです。たいしたことない。あっ力作です。どうですか皆さんこの雪だるま。でも童心に帰りこんなことが出来るのは何よりです。この雪だるまも、やがて溶けてしまいます。まだしばらく寒さは続きますが雪解けをして春がくるのが待ちどおしい気がします。♬春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが 赤い鼻緒のじょじょはいて おんもへ出たいと 待っている♬

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...