インフォメーション

2021 / 01 / 08  08:03

志田焼の里博物館も雪化粧

志田焼の里博物館も雪化粧

朝起きたら付近は真っ白。今、朝の5時。愛犬ラブとサンと朝の散歩。だれも踏んでない新雪を踏みしめ足跡を付けるのは気持ちいい。2匹の犬たちも物珍しさに「なんだこりゃ」とテンション上がりっぱなし。はしゃぐはしゃぐ。リードも引っ張られて大変。まあいいか何度もあることではないし。勤務している博物館もめったにない雪化粧。そんな風景をあちらこちらからパチリ、パチリ。今日は、さすがお客さんも来ないかな。そう思いながら開館の準備をする。雪だるまでも作るか!!。 雪、つめた~~。

2021 / 01 / 04  10:38

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

みなさん、あけましておめでとうございます。昨年は、九州管内はもちろんのこと、関東や関西の方にも来ていただき、学校関係では神奈川県の湘南中学校の生徒さんたちも来てもらい陶芸体験をしていただきました。今年は今日、1月4日から開館いたしました。寒いけど本当にいい天気です。今年も前年同様、良い年にしたいもんです。実は、ここだけの話ですけど、今年はもういい年になっているんです。だって、年末ジャンボ、50,000円当たったんです。ここだけの話ですよ。あっこれは個人的なことで、博物館には関係ないか。いずれにしても博物館はお客さんに来ていただけないと話になりません。そのためには、魅力ある博物館でなければなりません。そうゆうことで、今年もスタッフ一同お客さん目線んで考え”来てよかった”と思っていただける博物館を目指して頑張っていくつもりです。その最初の取り組みとして、ランプシェードを無料で彫ってもらう陶芸体験をしたいなあと思っています。近いうちにホームページに詳細をアップしますので興味ある方は申し込んでください。みなさん、コロナが蔓延中です、くれぐれもお体ご自愛され健康な日々をお過ごしください。

 

2020 / 12 / 24  08:47

今年も1年間ありがとうございました

christmas-1047321_1280-1-684x417.jpg

早いもので今年もあと数日を残し終わろうとしています。思えば今年はコロナに翻弄された1年でした。4月~5月は閉館。来館者は0人の状態。この先どうなるかと不安がよぎったものです。だだ、6月になり開館し、お客様を迎えることが出来るようになりました。ぼちぼちではありますが、来館していただくようになりましたので集客の対策を考えてみました。お客様にもっともっと来ていただくようにするにはどうすればいいのだろうかと。思いついたのが、来ていただいたお客様ひとり一人にお願いして来館してみて自分が素直に思った体験、見学の思いをSNSや予約サイトの口コミにアップしていただこうという試みでした。思いを伝えると多くのお客様は快く了解していただきました。その結果、SNSでの評価や口コミがネット上で拡散し、それを見た多くのお客様に来ていただくようになりました。お客様に助けていただいたのです。本当にありがたいことでした。ただ、まだまだコロナは第3波を迎え毎日収束の模様は見えません。こんな中でも、来館していただき①来てよかった。②楽しかった。③また来てみたいと思っていただけるよう、コロナ対策をしっかりしながらスタッフ一同努力していきたいと思っています。今年も一年間、本当にありがとうございました。感謝。    志田焼の里博物館 スタッフ一同

2020 / 12 / 17  08:39

秋色に染まった志田焼の里

秋色に染まった志田焼の里

  今年は、例年より秋の気配が少し遅いような気がする。12月も半ばになってようやく館内の”ならの木”等の広葉樹が秋色になった。やはりこれも地球温暖化のせいなのかなあ。小高い場所に建つ志田焼の里から周囲を見回すと、山の木々も紅葉になり美しい。今年も残り少ない日々になったが、1年を通してコロナに振り回された感が否めない。来る年はなんとかコロナが収束し,コロナ前の生活スタイルに戻りたいものだ。                     今朝は非常に寒いが、天気は快晴。さんさんと降り注ぐ太陽の光を全身に浴び、背伸びをしながら今ここにいることに感謝したい。

2020 / 11 / 30  09:24

鳥栖小学校4年生の皆さん、ありがとう

鳥栖小学校4年生の皆さん、ありがとう

去る10月15日、鳥栖小学校の4年生123名と引率の先生7名の計130名が当博物館に修学旅行の絵付体験ということで来館していただきました。マグカップへの絵付けは、生徒一人ひとりの個性あふれる世界でただ一つのすばらしい絵付が出来ました。絵付の後は、日本遺産でもある当博物館の見学をしてもらいました。その時の体験談をお礼状として広用紙にまとめてくれました。又、当館のリーフレットも生徒一人ひとりが手作りで作ってくれました。当博物館で力を入れている「一人でも多くの人にすばらしい日本遺産の博物館をを知ってもらおう」という努力目標がこうゆう形で広まっていることに嬉しく思い、感謝、感謝です。絵付体験と、館内見学がこの先の生活において少しでも役に立ってくれれば、管理運営をしているものとして最高の喜びです。本当にありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...